夏を楽しむための、陶器の蚊遣り。

特集

2018年06月29日(金)

夏の訪れとともに気になるのが虫対策。特に、蚊に悩まされる方も多いのではないでしょうか?

昔ながらの蚊取り線香を現代の暮らしの中でもおしゃれに、そして暮らしの中に馴染むようお使いいただける

そんな明山窯の陶器の蚊遣りをご紹介いたします。

新発売!日本の伝統柄「麻の葉」蚊遣り

シックな色合いに規則的に並んだ「麻の葉」模様の蚊遣りがこの夏新発売!「麻の葉」は4ヶ月で4mにもなるほど成長が早く、真っ直ぐにグングン成長して行くため、麻の葉柄には子どもの健やかな成長の願いが込められているそうです。
またこの柄には魔除けの意味があり、昔から産着の柄として広く親しまれてきた日本の伝統柄です。お子さんはもちろん、ご家族みなさんを蚊から守ってくれる蚊遣りにピッタリの柄ですね。落ち着いた表情の蚊遣りは、和室、洋室どちらにおいていただいてもしっくり馴染む仕上がりになっています。(商品ページはこちら)

 

枝乗りペアふくろう蚊遣り

かわいい2匹のふくろうがちょこんと枝にのって、優しい顔で蚊から守ってくれます。ふくろうの後ろに線香を縦に引っ掛けて使用します。コンパクトなサイズ感で、窓ぎわに置いても邪魔になりません。
また、ナチュラルな色合いなのでインテリアにも馴染みます。植物が近くにあると、まるで森のなかにふくろうがいるみたいに見えますね。(商品ページはこちら)

 

 

忙しい毎日の中での癒やしの時間に

火を使うために、少し遠ざけてしまうかもしれませんが、反対に火を使っていることで無意識に注意を配りますし、危なくない場所を選んで置いていただけると危険性は回避できます。

 

また、最近では様々な匂いのする線香があります。お子さんのいるご家庭、ペットのいるご家庭はなるべく刺激の少ないタイプの線香を選んでお使いいただけるといいかと思います。換気ができる場所、例えば窓ギリギリのところに置いておき、ふんわりと部屋に煙が入ってくるようにお使いいただくと調度良い具合に…。

 

 

青い空に向かって、ユラユラと登っていく白い煙を眺める…。そんな時間も忙しい毎日の中での癒やしの時間になるかもしれません。使い終わった線香の灰がグルグルと積もっていく様子もなかなかいいものですよ。

 

他にも、おちゃめなカエルが大きな口をあけて線香を加えているような「FROG」やミルクをふわふわと泡立てたときのほっこりやさしい味わいのような「カプチーノ」和室に馴染む落ち着いた和の雰囲気の「赤花」など様々な蚊遣りをご用意しています。

 

◆蚊遣り器をお買い求めの方はこちら

保存

トップへ戻る