節句の食卓を彩る、いわいの「重箱」

特集

2019年02月12日(火)

子供の成長と未来を願う節句のお祝い。笑顔の食卓が、思い出と共にあるように。いわいが届ける、


ハレの日のうつわ。

思い出に残る節句の食卓に。

子供の成長と未来を願う節句のお祝い。そんなハレの日に思い出を添えるのは、笑顔で囲む食卓の風景かもしれません。いわいが届けるのは、雛人形、兜、そして食卓を通して思い出に残る節句の日を楽しんでいただくことです!

定番のちらし寿司や、子供の好物を盛り付ける

桃の節句の定番のお料理といえば、ちらし寿司ですね。彩り豊かに盛り付けたちらし寿司を重箱に詰めて食卓に一つ置くだけで、グッと華やかに春の訪れを感じさせてくれます。

 

 

節句の伝統的なお祝い料理というと、ひな祭りでははまぐりのお吸い物やちらし寿司、端午の節句ではたけのこご飯など、旬の食材を使った料理というイメージもありますが、あまり気にすることもありません。お子さんの大好きな料理をたくさん詰め合わせて、お重に盛り付けてあげる方がお子さんもきっと喜んでくれます!

 

重箱と合わせた、いわい模様のお皿

お重と合わせたコーディネートが楽しめる模様入りのお皿もお揃いで使っていただけます。プレートのような平らなデザインが、節句のお料理を引き立て、毎日の食卓とは少し違ったハレの日の雰囲気を感じさせてくれます。お寿司やおかずの取り皿としてお使いいただけます。

いわいオリジナルの模様で彩りを

重箱のふたには、いわいブランドのためにデザインしたオリジナルの伝統柄模様があしらわれています。シンプルな中にも、縁起の良さやハレの日の華やかさやを感じさせてくれる模様です。

 

 

しっとりとした色合いが綺麗な白色と、焼き物らしい釉薬の変化が楽しめる黒色の2色から選んでいただけます。ひな祭りは白色に、端午の節句には黒色のお重で、あるいは二つを組み合わせて…など選び方は人それぞれ!ぜひお好みのカラーで楽しんでください。

 

 

◆ご紹介の商品アイテム「いわい食器」はこちら

保存

トップへ戻る