和楽トップへ会社概要 プロフィール
   
会社概要
   
 

当社は江戸初期より信楽焼と苦楽を共にしてきた陶器製造会社です。
仕事内容は、花器全般・食器・インテリア商品・小物置物を製造し、産地問屋や小売店に
卸販売しております。長い間、土味を生かした花瓶作りに携わりながらお客様に喜んでもらおうと日々努力し、現在では花器製造の技術には自信があります。
そこで近年、花器製造はもとより、小物置物の開発に力を注いでいます。

 
近年小物・置物の製造の技術も上がり、ふくろうの置物、陶人形に人気が出てきています。しかし、直接お客様にご意見を聞ける機会が少ないのも現状でした。信楽焼の事を皆様にもっとよく知って頂き、少しでも信楽焼の発展・開拓をしようとこのサイトを開設した次第です。
当サイトは信楽焼・明山窯の情報発信ツールとして2005年2月に和楽としてオープンしました。これからはみなさまの沢山のご依頼・ご注文・ご要望を頂きながら、さらに飛躍するため毎日商品開発また、サイト運営に力を注いでおります。どうぞこれからも宜しくお願い申し上げますm(_ _)m
 
社名 明山陶業株式会社
代表者 代表取締役 石野 伸也
所在地  本社 〒529-1851 滋賀県甲賀市信楽町長野1055-1
実店舗 Ogama 〒529-1851 滋賀県甲賀市信楽町長野947
電話番号 0748-82-8077
FAX 0748-82-2089
公式サイト http://www.meizan.info/
創業 江戸初期  1622年 石野伊助が幕府よりお茶壷師の称号を賜る
会社設立 昭和55年4月
資本金 1000万円
従業員 20名
取扱品目 陶製品(花器全般・食器・インテリア商品・小物置物)
販売先 産地問屋・小売店
取引銀行 滋賀銀行 他
代表者理念 お客様に信頼される営業活動をモットーに日々努力しております。

皆様からのご質問も受け付けております。是非質問箱にお寄せ下さい。

   
ウェブショップ和楽のコンセプト
   
 
【ウェブショップとしての考え方】
インターネットを通して信楽焼・明山窯の情報発信を全世界の方に知ってもらう事。
信楽焼をまだまだ知らない方に向けて信楽焼の良さを伝えていけるサイト作りにしていく。
例えばお客様のほしい物が見つかった際に、今までだとどこに行けば買えるのか?
というお問い合わせが多数当店に寄せられていた。
その問題を解決すべく、全国どこにいても買い物が出来る(情報を集められる)というインターネットの利点を取り入れてウェブショップを立ち上げた。現在もブロードバンド化が進みさらにインターネットの利用者が増えてきた。その点などを考えると当然、ウェブの重要性を今後も十分に考えなくてはならないと思う。

最も大切な事はお客様とお店の顔と顔が見えないからこそ、様々なコンテンツを利用し情報発信していく事によって、お互いの信頼関係を築いていくことが大切であると考える。
ウェブショップはお客様との究極の対面販売と考えているので、お客様のご要望などすぐにキャッチしサービスの向上を目指し、いつまでも安心して利用していただけるように運営していく。

【和楽の由来】
焼き物の素晴らしさを全世界に発信し、
1人でも多くのお客様に「和んでいただこう」
「楽しんでいただこう」との想いから名づけた。
また「和を楽しむ」「輪になって楽しもう」との願いが込められています。
縁する全ての人に喜んでいただこうと思っております。
信楽焼・明山窯 ウェブショップ和楽ロゴ
信楽焼・明山窯
ウェブショップ 和楽ロゴ

【事業・商品コンセプト】
創業200年余。窯を焚き続けた信楽焼窯元・明山窯のウェブショップとして
お客様に信頼いただける商品のみを厳選し、いつも提供し続けることを使命として取り組んでおります。
品質に妥協しない商品を販売し、使って頂いてからこそ喜ばれる商品を販売し続けていきます。
生活様式の変化に伴い、信楽焼が変化し続けたように、明山窯も生活に根ざした商品作りを心がけ日々商品開発に取り組んでおります。特にインテリア感覚で飾れる小物・置物を中心に土の素材を最大限に生かし、土のぬくもりのある商品作りを特徴としています。
お客様のご要望に耳を傾け、改善の努力をしながら、新しい商品の開発、ご提案をしていきます。

【お客様の和楽】
お客様からのすべてのご要望やご質問、もちろんご苦言苦情もいつでも歓迎しております。なぜなら明山窯は今まで改善すべき全ての点をお客様から学び、またお客様のご要望こそ最優先で解決すべきであることをしっかり学んできました。
お客様からのご意見と明山窯・和楽のスタッフの努力で当店は成長していくと考えています。「お客様の和楽」としてお客様から愛されるようなウェブショップに日々成長、発展をして参ります。
このページのTOPへ