和楽トップへ五月人形・陶兜>端午の節句のあれこれマメ知識【陶兜】
初節句のお祝いにおすすめの信楽焼陶兜
端午の節句あれこれ製作風景飾り方とお手入れお客様の声オーダー兜商品一覧
0
枠
*端午の節句の始まり
古代中国で5月は物忌みの月でした。その5月に厄を払う行事として始まりました。
それは必ずしも5月5日ではなく5月の最初の午の日であったのが、後に語呂をあわせて5月5日となったようです。
菖蒲などの薬草を用いた厄除けの行事は、平安の頃には主に女性の行事でした。この行事が鎌倉時代の武家社会に形を変えて拡がってゆきました。「菖蒲」=「尚武」ととらえ、次第に男の子の誕生を祝う行事へと移り変わっていきました。
今では男女平等社会を反映し、広く「こどもの日」として子どもの健やかな成長を願う国民の休日になっています。 ひなまつり
枠
枠
*姿をかえる五月飾り

「菖蒲」=「尚武」という考えの下、江戸幕府が5月5日を重要な日として定めたことから大名や旗本が式服でお祝い品等を携え、江戸城に出向くようになり、これ以降、武家に男の子が生まれると、門前に馬印(うましるし)や幟(のぼり)を立てて男児誕生を衆々に知らせ、お祝いました。

現代の五月飾り それは裕福な庶民の間へと拡がり、幟旗の代わりに鯉のぼりをあげるようになります。やがて鯉のぼりだけでなく紙の兜や人形を作るようになり、武者人形などに発展していきました。
枠
枠
*なぜ五月人形や兜を飾るのか
戦後、鎧兜は命を守る象徴として考えられ、男の子を事故や災害から守るものとして飾りとして普及してゆきました。
実際に武田信玄愛用の「楯無の鎧(楯をも必要としない頑強な鎧と言う意味)」は、代々武田家のご神体として
現在も山梨県塩山市の菅田天神社に奉られています。
他にも多くの鎧兜が、国宝やご神体として各地の神社仏閣で奉られています。 このような考えから端午の節句では、鎧兜を戦いの道具ではなく、身体を護るものという意味で飾ります。
現在では、事故や病気から赤ちゃんや子供を護ってくれるようにという願いを込めて飾っているわけです。 雛人形の置き方
枠
枠
*五月人形のお手入れ

 一般に五月人形のお手入れと言うと、お天気の良い空気の乾燥した縁起の良い日を選び、
毛ばたきでほこりを払い、お人形の顔をやわらかい和紙などでくるみ、
虫がつかないよう防虫剤を入れた箱にしまい、湿気の少ない場所に保管する・・・
ですが、ここでは和楽が取り扱っている雛人形のお手入れについてご説明します。

和楽の五月人形・陶兜は陶器ですので面倒なお手入れは一切不要です。
ほこりは普通のはたきではたけば良いですし、汚れが目立つとお感じならば
まるごと水洗いしても構いません。
但し、その場合はつのを持たない、洗剤は使わずに優しくなでるように洗うなどの気配りが必要です。

 

落としたら割れたり欠けたりしますので、その点だけは充分ご注意下さい。
兜本体は陶器なので、虫食いの心配は要りませんが、畳や屏風、毛氈などには虫がつく恐れがありますので箱にしまう際に防虫剤と乾燥剤を入れておくと安心です。
それでも
「畳が虫に食われてしまった!」
という時は、和楽までお気軽にご相談下さい。

枠
枠
*新しいスタイルの陶兜

 端午の節句に飾るものといえば、五月人形や兜、鯉のぼりが挙げられますが、昨今の住宅事情を考えると、よほどの広い土地を持ち、大きなお家に住んでいるのでなければ、鯉のぼりは小さなものしか無理、五月人形や兜も大きさや収納を考えてしまいますね。
そんな現代生活にマッチしたものとして、陶器の兜が今、注目を集めています。
信楽焼や、萩焼、瀬戸焼など色々な産地で作られています。
大きさも様々で収納も簡単、大人になってもインテリアとして飾り続けられる多くの利点がその人気の秘密でしょうか。
家紋や名前などを入れられるオーダー兜も贈り物として人気があります。

 

 

枠
 
信楽焼>五月人形>兜

人気の戦国武将&歴史シリーズの陶兜は全8種類
名入れオーダーにも対応しています(別途有料オプション)

明山陶兜戦国武将シリーズ
平清盛直江兼続織田信長上杉謙信真田幸村坂本竜馬井伊直政伊達政宗

新作信楽焼和楽の陶兜商品一覧
明山窯の陶兜一覧を見る>
■陶器の五月人形・兜をおすすめする理由

陶器を形作る粘土には多くの微生物の力がかかわっています。
また、信楽の大戸川に流れる水の力、焼き上げる炎の力、釉薬には原料に石の粉や草木の灰など多くの自然の力を借りています。陶器には自然のパワーがいっぱい詰まっているのです。
シックハウス症候群やアトピー性皮膚炎などが問題となっている現代において、赤ちゃんのいるお部屋に置くには安心できる素材のものを選びたいものです。その点陶器は安心です。100パーセント自然のものから作られ、高温での焼成によりアレルゲンとなりうる物質も消滅すると考えられます。マイナスイオンを発し、空気を浄化する作用もあります。
「陶器は割れるから・・・」
と懸念されるお客様もいらっしゃいます。確かに陶器は割れ物です。
しかし、その点さえ注意していただければ何年経っても変わる事のない品質を保つことが出来ます。
子どもさんやお孫さんのことを想うなら是非、陶器のものをお選びください。

粘土のように粘り強い忍耐力を持ち
水のような潤いと豊かな心を持ち
草木のように優しく
石のように強い意志を持ち
自然の力に支えられ
炎のような情熱を持った子に育って欲しい。

そんな思いが私達の作る五月人形・兜には込められています。