織田信長 贈り物ならお任せください。信楽焼の老舗窯元明山窯より直送。\10,000(税別)以上で送料無料

商品カテゴリ一覧 > 陶兜・五月人形 > 種類で選ぶ > 武将兜 > 織田信長

7号
■天下布武の旗印を掲げた「織田信長」のかぶと 線

桶狭間の戦いでその天才的な才能により勝利を収めた織田信長のかぶとです。
忍耐強く、プラス思考を持った強い人に育って欲しいと願う人におすすめします。
信楽焼・明山窯のデザイナーと職人が衆力を結集し、 豪華で美しい装飾の前立てを見事に現代風に表現しました。
明山窯の「織田兜」は、匠の自信の逸品です。

信楽焼歴史兜7号

家紋入れ・名前入れ兜詳細ページ
<名入れは別料金>
■天下布武のカリスマ武将・織田信長の人物像
線

 1534年、尾張国・古渡城主織田信秀の息子として生まれた信長は2歳にして那古野城主(現・名古屋城)となり、22歳で古渡城にて元服し、織田上総介信長と称する。その5年後、父・信秀が没したため、家督を継ぐ。
 その後、家督争いにより、尾張は揺れます。周囲は敵だらけといった状況の中、長い忍耐の時代を経て信頼できる数少ない協力者と共に遂に尾張国の統一を果たします。
 主君となるべき血筋に生まれたにも拘らず、幼少の頃から身分にこだわらず、民と同じように町の若者とも戯れていたといいます。大人になっても出自に囚われない大胆な人材登用や伝統に囚われない新機軸の方針、新兵器であった火縄銃の活用などを通して戦国時代を終結へと導いていきました。
 変わり者で冷淡な性格であったと伝えられる信長ですが、ほんの数千人の兵で何万人もの今川軍に勝利した桶狭間の戦いでみられるように、その洞察力と指揮力には天才的なものが伺えます。
 決して平穏ではなかった生涯を、常にプラス思考で自分の意思を貫き通す、そんな精神の強さが信長が今なおカリスマ的武将として人気がある所以かもしれません。

織田信長
(1534-1582)
織田信長の名言

「理想や信念を見失った者は、戦う前から負けているといえよう。
廃人と同じだ。理想を持ち、 信念に生きよ!」

「必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ。」

「仕事は自分で探して、創り出すものだ。
与えられた仕事だけをやるのは、雑兵だ。」


繊細で美しく豪華な信長のかぶと

 多彩な戦国武将のかぶとのなかでも織田信長のかぶとはその繊細さと美しさでは特に群を抜いているのではないでしょうか?
陶器での再現は難しい信長かぶとですが、明山窯による陶器らしく美しいデザインのオリジナルの信長かぶとが完成しました。
陶器ですので、本物の信長のかぶととは違う点もありますが、信長の「天下布武」の精神を伝える素晴らしい逸品に仕上がっていると自信を持ってお勧めします。

■他の武将兜を見る線
 

7 件中 1-7 件表示 


【送料無料】武将兜3号と武将カップのもののふセット

♪父の日や還暦祝の贈り物に♪
【送料無料】
武将兜3号と武将カップのもののふセット

オープン価格
和楽一般価格10,800円(本体価格:10,000円 + 消費税:800円)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み


7 件中 1-7 件表示