和楽トップへ干支トップ>未(ひつじ)年のあれこれマメ知識
イメージ 
  未(ひつじ)干支の由来

【縁起話】
群れをなす羊は、家族の安泰を示しいつまでも平和に暮らす事を意味しています。

【ひつじ年生まれの特徴】
穏やかで人情に厚い

 

2015未の干支置物

 

 

」は『漢書』律暦志によると「昧」(まい:「暗い」の意)で、植物が鬱蒼と茂って暗く覆うこととされ、『説文解字』によると「味」(み:「あじ」の意味)で、果実が熟して滋味が生じた状態を表しているとされる。後に、覚え易くするために動物の羊が割り当てられた。

 ●未年の「未」とは…?●

十二支の八番目。
未年は、西暦年を12で割って11が余る年が未の年となる。
未の月は旧暦6月、
未の刻は午後2時を中心とする約2時間
未の方は南南西よりやや北寄り(南西微南)の方角である。
五行は土気
陰陽は陰である。

 ●羊太夫の伝説と2つの羊神社 ・・・羊神社(群馬県・愛知県)●

羊太夫の伝説(歌語り風土記)
むかし羊太夫は、八束脛(やつかはぎ)といふ足の長い男を従者を使ひ、この男の力で空を飛び、驚くほどの速さで毎日のやうに大和へ通ってゐた。
ある日八束脛が昼寝をしてゐるときに、羊太夫は悪戯に八束脛の脇の下の黒い羽のやうなものを抜いてしまった。
そのために大和へ通へなくなった羊太夫は、謀反の疑ひをかけられて、都から差し向けられた軍に滅ぼされたといふ。 八束脛は金の蝶と化して月夜野の石尊山まで逃れ、洞窟に隠れ住んだといひ、その遺跡に八束脛神社(利根郡月夜野町後閑)がまつられ、鳥居に「八束脛三社宮」とある。
羊太夫は、和銅年間に武蔵国の秩父で銅を発見して富み栄えたともいふ。
群馬県・安中市の羊神社  
多胡新田とも呼ばれる宇久保に鎮座。
創建の由来は多胡郡の多胡一族が上里見村真野(多胡神社鎮座)に落ち延び、その後延宝年間に下秋間字日向(堂宇鎮座)と当地へと移住すると共に、多胡新田を開発し、祖神とする多胡羊 太夫藤原宗勝公を祀り、享和2年(1802)正式に多胡羊霊を祀った。

縁記に『多胡羊太夫由来記』などが伝えられ、それに依れば、羊太夫宗勝は脇羽の生えた若者と権田栗毛という名馬を持ち、一日で都を行き来し参勤し、功により藤原姓も賜ったが 言で官軍に攻められ、最期は金色の蝶となり飛び去ったという。
また羊太夫は、秩父で和銅を発見し、その功により多胡郡を賜り、記念に「多胡碑」を建てたとされ、境内にはその碑文の「多胡宮羊太夫宗勝神像位」碑がある。

羊神社
羊神社 平成九年には、六十余軒の氏子により社殿、十二社を新築し、遷座祭を行い、翌年、狛犬と三峯社、同鳥居も建立された。
祈祷棟札に大先達龍正院奉修護摩供と享保16年拾二社繁盛祈遷、明治16年の奉再拝、17太々神楽執行札がある。
社紋は下り藤に五輪の塔。

愛知県・名古屋市の羊神社  
群馬県多野郡にある「多胡碑」に関係のある「羊太夫」(この地の領主)が、奈良の都に上るときに立ち寄っていたゆかりの屋敷が、この地(現 辻町)にあり、この地の人々が、平和に暮らせる為「人心を安らかに」という願いをこめて、羊太夫が火の神を祀ったともいわれ、羊神社と呼び称えるようになったと伝えられている。
羊神社
羊神社 羊神社 昭和31年
名古屋市文化保財保存調査委員会により
史蹟名勝箇所に指定。
地名の由来
鎮座地、辻町は尾張志に「今、村の名を辻といえるは、羊の省かりたるやとぞ」。
尾張国地名考に「住昔火辻村といひしを後世火の字を忌みて単に辻村と書といふ」と記されている。
里の名を辻というも御社の羊の名にし負へるとぞ聞く
 ●ひつじ年生まれの性格と運命●


未年のひとは世話好きでおとなしい外見からは想像ができないほどの情熱と、芯の強さを持っているので組織の中では補佐役や参謀役、 あるいは人生の女房役といった裏方てきな役割や仕事が適しています。

物事を手堅く進めるので、人生において大きな失敗や障害にぶつかることはそう多くはありません。
しかし、取り越し苦労が絶えず場合によっては念をいれすぎて時期を逸し、幸運を逃す場合があります。

美男美女が多く、両親や兄弟と一緒に住むという宿命を持っているのがひつじ年とさる年です。
周囲を気にせずマイペースで何事もやりとげる傾向があります。
内面はデリケートで事物にこだわりを持つ人が多いようです。


 ●ひつじ年生まれの有名人●


2003… 鉄腕アトム・原菜乃華・畠山紬

1991… 眞子内親王・石川遼・亀田和毅・夏帆

1979… 堂本光一・賀集利樹・魔裟斗・はいだしょうこ・上地雄輔・大谷未央

1967… 坂井泉水・ふじいあきら・坂本冬美・大林素子・井原正巳

1955… 郷ひろみ・松山千春・明石家さんま・ 江川卓・千代の富士

1943… 吉村作治・田村正和・アントニオ猪木・ミック ジャガー・加賀まりこ

1931… 八千草薫・有吉佐和子・ジェームズ ディーン・高倉健・山田洋次

1919… 水上勉・宮澤喜一・細川隆一郎・やなせたかし


 ●ひつじ年のできごと●

2003… 自衛隊を戦地へ派遣
  SARS集団発生
  個人情報保護法が成立
1991… 雲仙・普賢岳で火砕流
  信楽鉄道で正面衝突
  若貴ブーム、千代の富士引退
  湾岸戦争勃発
1979… 東京サミット
  三菱銀行猟銃人質事件
  ソニーウォークマン発売
1967… 非核三原則
  欧州共同体(EC)成立
  リカちゃん人形発売
1955… 森永ヒ素ミルク事件
  津海岸で中学女生徒水死事故
  ディズニーランド開園
1943… 学徒出陣
  カイロ会談
1931… 満州事変、柳条湖事件
  ニューヨークのエンパイア・ステート・ビル完成
  初の三色自動信号機が登場
1919… ヴェルサイユ条約締結
  三・一独立運動
  カルピス・コカコーラ発売
線
干支商品一覧

信楽焼陶器小物職人が作る干支置物制作の様子
 信楽焼・明山窯のお正月・干支置物使い方・飾り方いろいろ

過去の干支特別制作受付中
これまでに完売した和楽の干支を欲しい方、特別注文を承っております。
こちらからご注文いただけます>干支の特別注文のご案内

2007年干支特別注文受付中
2008干支特別注文受付中 2009干支特別注文受付中
2010干支特別注文受付中 2011干支 2012干支置物
2013干支置物 2014干支置物 2014干支置物
2015年干支のポストカードが出来ました 10個以上のご注文で法人割引価格でお買い物できます 2015年干支のカタログが出来ました