和楽トップへ雛人形>ひなまつりのあれこれマメ知識【雛人形】
初節句のお祝いにおすすめの信楽焼陶雛人形
ひなまつりあれこれ製作風景飾り方とお手入れお客様の声商品一覧
あれこれ
枠
*ひなまつりの始まり

今から約1000年以上前の平安中期、上流階級の少女達のあいだで宮中に見立てた「屋形」をしつらえ飾ったものが始まりと考えられています。
それらは「ひいなあそび」と呼ばれ、あくまでも貴族階級の中でのあそびであったと言われています。

その後、江戸時代に節句の儀式として全国に広まり、飾られるようになりました。
この頃から3月の節句の祓にひなまつりを行うようになったと推測されています。

ひなまつり
枠
枠
*姿をかえる雛人形
現代では親王飾りや七段飾りがポピュラーですが、時代によっておひなさまも様々に姿を変えてきました。
平安時代・・・紙製のおひなさま
江戸時代初期・・・立ち雛や坐り雛(寛永雛)
江戸時代中期・・・十二単を着た「元禄雛」大型の「享保雛」
その後、「芥子雛」とよばれる数センチの大きさの精巧な雛人形が流行
現代の雛人形 江戸時代後期・・・「有職雛」宮中の衣装を身に着けたものや今日の雛人形に繋がる
「古今雛」
江戸時代末期から明治・・・壇飾りの出現

現代・・・ちりめんや陶磁器のものなど素材は様々。現代の生活様式に合わせて大きさは近年縮小傾向にあります。

 

枠
枠
*お内裏様はみぎ?ひだり?
古来、日本では「ひだり」が上位であり、男雛も左側に置かれていました。
ところが、明治の文明開化以降最初の即位式を挙げた大正天皇が西洋式に倣い右側に立ったことがきっかけで それが皇室の伝統となり現代に至るまで天皇は右側、皇后は左側に立つようになりました。
そのことから関東を中心に雛人形も右に男雛、左に女雛を置くようになりました。
しかし、歴史と伝統を重んじる京都では今なお、男雛を左側に置く家庭が多いようです。

けれども社団法人日本人形協会では男雛を右側に置くのを「現代式」左側に置くのを「古式」とし、どちらでもかまわないとされています。

雛人形の置き方
 
枠
枠
*雛人形のお手入れ
 一般に雛人形のお手入れと言うと、お天気の良い空気の乾燥した縁起の良い日を選び、毛ばたきでほこりを払い、お人形の顔をやわらかい和紙などでくるみ、虫がつかないよう防虫剤を入れた箱にしまい、湿気の少ない場所に保管する・・・
ですが、ここでは和楽が取り扱っている雛人形のお手入れについてご説明します。  和楽のお雛様は陶器ですので面倒なお手入れは一切不要です。
ほこりは普通のはたきではたけば良いですし、汚れが目立つとお感じならば
まるごと水洗いしても構いません。
但し、その場合は頭を持たない、洗剤は使わずに優しくなでるように洗うなどの気配りが必要です。
また、洗ったあとは箱にしまう前に充分に乾燥させてください。
湿気が残っていると、カビの原因となります。
 

 落としたら割れたり欠けたりしますので、その点だけは充分ご注意下さい。
お人形自体は陶器なので虫食いの心配は要りませんが、畳や屏風、毛氈などには虫がつく恐れがありますので箱にしまう際に防虫剤と乾燥剤を入れておくと安心です。
それでも
「畳が虫に食われてしまった!」
という時は、和楽までお気軽にご相談下さい。

枠
枠
*早くしまわないとお嫁に行けない?
 ひなまつりを過ぎると1日も早くしまわなければお嫁に行き遅れる・・・
なんてことをよく耳にしますが、それは昭和のはじめごろに生まれた迷信だそうです。ずいぶんと歴史の浅い迷信ですね。
  上等の絹やちりめんを身に纏ったおひなさまをいつまでも出しておくと 日に焼けて色褪せてしまったり、ほこりをかぶって汚くなってしまうことを危惧してのことかもしれませんね。
しかし、気に入ったお人形は
いつまでも飾っておきたいもの・・・
その点、陶器の雛人形なら日焼けをする心配もなく、長く飾っていただけます。
実際、購入されたお客様の中にもインテリアとして年中飾っているという方もいらっしゃいます。
仲の良い夫婦の象徴として結婚祝や引き出物にも大変喜ばれています 。
 
枠
新作信楽焼和楽の雛人形商品一覧
明山窯の雛人形一覧を見る>