和楽トップへ雛人形>使い方・飾り方・和楽からのご提案【雛人形】
初節句のお祝いにおすすめの信楽焼陶雛人形
ひなまつりあれこれ製作風景飾り方とお手入れお客様の声商品一覧

和楽とお客様で作り上げる明山窯の雛人形使い方・飾り方のご提案

 ロゴ 雛人形の種類
線
  親王飾り お内裏様とお雛様の一対のお人形と屏風や畳などの調度品がセットになったもの。
三人官女や五人囃子などは付きません。
床の間やチェストの上など省スペースで飾れるので、最近ではこのタイプが人気があり、主流となりつつあります。
親王飾り
明山窯の親王飾り>
  段飾り 階段状の飾り棚の上段にお内裏様とお雛様、下の段に三人官女などが飾られます。
段数に応じて五人囃子、右大臣、左大臣、嫁入り道具などが並びます。
明山窯の段飾りは二段で、親王と三人官女までになります。
段飾り
明山窯の段飾り>
 
 ロゴ 各部の名称と飾り方
線
  親王飾り  

お内裏様とお雛様の配置は、地方によってまちまちですが、元々は、向かって左にお雛様、右にお内裏様でした。
明治になって西洋に習い、皇居での立位置や御真影の配置が、向って左に天皇、右に皇后となったので、関東方面はそのように並べるのが一般的になりました。京都では今もなお、昔通りの配置で並べます。

親王飾り

線
  段飾り


 

最上段にはお内裏様とお雛様が並びます。(並べる位置は親王飾りを参照
写真を参考に屏風や油灯、畳、花入れなどをセットします。
お雛様の側の灯りといえばぼんぼりが一般的ですが、明山窯では主に陶人形の雰囲気に合わせた油灯タイプのものを採用しています。
小さいタイプのお人形にはミニチュアの可愛らしいぼんぼりがセットになっています。

下の段には三人官女、桜橘、菱餅を飾ります。
三人官女とは、お内裏様に仕える宮廷の女官です。
向かって左から、「銚子(ちょうし)」「三方(さんぽう)」「長柄銚子(ながえのちょうし)」の順に並べます。

銚子 三方 長柄の銚子
「銚子(ちょうし)」 「三方(さんぽう)」 「長柄銚子(ながえのちょうし)」

桜橘はお人形に向かって「右近の櫻」「左近の橘」といって御所の紫宸殿と同じ配置に並べます。
木製銘札や名入れをした陶器の立札などは全体の前、または空いたスペースの目に付くところに飾り、節句のお祝いをくださった方々におひなさまともにお披露目します。

段飾り
新作信楽焼和楽の雛人形商品一覧
明山窯の雛人形一覧を見る>