和楽トップへ雛人形>陶器の製作風景紹介【雛人形】
初節句のお祝いにおすすめの信楽焼陶雛人形
ひなまつりあれこれ製作風景飾り方とお手入れお客様の声商品一覧


枠

世界にひとつのものを贈りたい。

たくさん並んだものを見ると大量生産のように見えがちですが、職人が毎日、一つ一つ心を込めて手作りしているんです。
だから、よく見るとひとつずつが少しずつ違います。
その違いはまるで私達一人一人の持つ個性のよう。
それでも一貫した品質が保たれるのは熟練した技を持つ匠の手腕ならでは。
あなたのお手元に届くお雛様はいったいどんな表情をしているでしょう?

枠
枠
信楽焼・明山窯の陶器の雛人形製作風景 ベースとなる体に頭や衣装などを
どべと言われる泥で手作業で付けていきます。
細かい細工がされた衣装も全て匠の手作業によるもの。
ひとつの雛人形にはたくさんの細かいパーツが使われているんです。
ひとつずつに話しかけるように表情を見ながら丁寧に作業します。


信楽焼・明山窯の陶器の雛人形製作風景
信楽焼・明山窯の陶器の雛人形製作風景
枠
枠
指先や様々なへらを使い分けて細かな部分を作りこんでいきます。
ほんとうにひとつひとつの手仕事です。
言葉にすると簡単ですが微妙な手先の加減が必要な作業です。
見ているほうも思わず息が止まります。
信楽焼・明山窯の陶器の雛人形製作風景
信楽焼・明山窯の陶器の雛人形製作風景
枠
枠
出来たものはこうして板の上に並べられ、乾燥室へと移されます。
枠
枠
ある程度乾燥したら筆でひとつひとつ色をつけていきます。
ひとつのお雛様に何色もの色を使います。
色が混ざってはいけないのでその都度乾かしながら塗り重ねていきます。
枠
枠
信楽焼・明山窯の陶器の雛人形製作風景
さらに釉薬をかけられたお雛様は窯に詰められ高温で焼成されます。
何時間もかけた焼成が終わり、窯出しの瞬間です。このあと、厳しい検品がされ、備品と共に箱に詰められいよいよ皆様のもとへと嫁いでゆきます。
枠
新作信楽焼和楽の雛人形商品一覧
明山窯の雛人形一覧を見る>